大事なことは市民が決めるまちへ 林とも子を再び市議会へ

2017年3月25日 23時59分 | カテゴリー: 活動報告

私、林とも子が、2期目にやりたいことの一つに、議会の情報を市民皆さんともっと共有したいということがあります。私のこれまでの、PTA活動や合唱団の運営、生活協同組合の活動をする中で、情報の共有は何よりも大切なものでした。それが、1期目の議員の活動の中で、議会の情報が市民となかなか共有できない実態に驚きました。その後、議会基本条例ができ、年に4回ある議会のうち、1回だけ議会報告会が行なえるようになりましたが、まだまだ足りないと考えます。市民が市の情報を得て、意見や提案を言えたり、話し合うことで、「大事なことは市民が決める」まちになり、納得のまちづくりができ、住んで気持ちの良い小金井市になると考えます。

もう一つは、川西市子どもの人権オンブズパーソンのような、子ども助けて応援する制度を小金井市に設置したいです。子育ての中で、現場の様子を見ている者として、その役割が、私、林とも子にはあると考えます。林とも子にご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
CIMG0512林対話